11月 10, 2009

THIS IS IT

13ee880e19ef189f0e52-L.jpg先日、芝居のワークショップをウッカリすっぽかし見てきました。
THIS IS IT
IMAXで上映しているという情報を得たので、IMAX未体験だった僕は早速チケットを購入。
初IMAX、良かったです。これから見たい映画がIMAXでやっている場合はIMAXで見ようと思います。でもIMAXで上映されるような映画ってあまり見たいって思う映画は無いんだろうけど(汗
ちなみに、場所はラゾーナ川崎です。
THIS IS ITの感想については、もう多くの人がブログで書いたりTwitterでつぶやいたりしているので、本当ならもう何も言う事は無いと思うし、読む人もウンザリだと思うけど、ドキュメンタリーだけあって感じる事があまりに多く、何より「これは一つの歴史に立ち会った事」だと思うから、この時感じた事は日記に残さないと損しそうだから箇条書きで残そうと思います。
・あの奇跡のステージが未完で終わって本当に残念
・スタッフが(マイケルと仕事が出来て)本当に楽しそう/嬉しそう
・それだけに実現しなかった事が可愛そうで仕方ない
・衰えなのか余裕なのか、あまり全力を出さない所もチラホラあるけど、根本とか基礎が違いすぎるんで、やっぱりスゴいMJ
・誰ですか、もう歌えないとか踊れないって言っていた人!
・とにかく愛される人柄だった
・自分を表現する事ではなくお客さんが喜ぶ事を考えている姿勢に驚く
・一人一人のパフォーマンスを引っ張り出そうという姿勢に愛を感じる
・っていうか、あのスリラーは何事なんだ!
・お願い、いっそオールスタンディングで見せて!
・っていうか、あの舞台本当に盛りだくさんにも程がある!!
・返しがキツイと言ってへこたれている様でひとりの人間を感じたり
・上映終了が拍手が!
・泣いている人が何人か
・映画に感動したというのではなく、MJという人を失った喪失感
軽く思い出すだけでもこれくらい。
THIS IS IT 皆が皆絶賛するから、そろそろ斜に構えた人とかが穿った意見を言いそうだな〜と思ったりもするけど、この作品は「何が良い」とか「何が悪い」とか言う対象ではなく、「一つの時代を共有する財産」だって思った。
昔ジミ・ヘンドリクスやジャニスやビートルズの時代を共有出来なかった事を残念に思った事があったけど、少なくともマイケル・ジャクソンの時代は共有する事が出来たという事を教えてもらったわけですよ。
20代とかだと微妙に理解しきれないかもしれないけど、もし見てない人いたら見た方が良いと思う。良いとか悪いとかじゃなく、一つの歴史に立ち会えると思うから。
ちなみに僕は中学の頃Wanna Be Startin’ Somethin’聞いて衝撃うけました。
この曲とJamが好きです。

10月 14, 2009

空気人形見ました

4402b45a.png是枝 裕和さんの「空気人形」見てきました。
ものすごい良い作品だったと思います。
とはいえ、個人的に見た感じで感じた事を挙げると、結局この映画が伝えたかったのが何なのか。荒唐無稽な事を通して、ただ都会に住む人々の空虚さを描きたいだけだったのか。今ひとつその真意が測りかねます。
ただ、それは見る人によっていくらでも解釈のできる懐の深い造りだからこそかもしれません。見る人の状態や気分をいくらでも投影できる作品に感じました。
登場人物全てが、何らかの空虚感を持ち。
そして代用品だったり、別の代用品に怯えたり、不要品となる事を恐れたり。
そして不要とされてしまったり。
だけど、命である以上必ず何かの関わりがあって、あなたは誰かの命に関わっている。
ただそれにしては終わり方が悲しい気もします。
何だか救いの無い感じもそこにはありました。
そこにあったのが希望なのか、絶望なのか。
そこが計りきれません。
まあ何にせよ、すごくよく出来た映画だったと思います。
キャストが素晴らしく、それに伴う映像、音楽など、どこか浮遊感と空虚感が漂う。全てがバランスよくまとまっている感じでした。
■フォートウォーミングなものを期待した人にはアレです。
CM見てハートウォーミングなものを期待した人にはちょっとお勧めしがたい感じです。
そんな人は、「ラースと、その彼女」という映画の方がお勧めかもしれません。
ラースと、その彼女 (特別編) [DVD]
■原作コミックを読みました。
20090911154326712.jpgちょっとこの作品に触発され、原作(といっても短編)を読みました。
業田良家の「ゴーダ哲学堂」
ゴーダ哲学堂 (竹書房文庫 GY 8)
なんかタイトルに惹かれたのと、「短編集」ってのに惹かれて買ったのですが、とても面白いです。
社会に対して視点をちょっとずらす「哲学感」が面白く、短編だからってのもありますが、読み手に考えるゆとりがあるのが良いです。この辺は、映画「空気人形」にも通じるものがあります。
ちなみにこの短編集、前半は前述した通り「視点をずらした」漫画だけど、後半は完全に哲学というか、何というか。漫画でやる必要あんのか?って疑問を覚えるというか、哲学というよりは詩とか散文に近いかもしれません。
まあそれでも面白いと思うというか、かえってそういうのが好きな人もいるでしょうから、良しという事で。
須賀原 洋行さんの「うああ哲学事典」とか好きな人にはわりとお勧めな感じかと。
新釈 うああ哲学事典 上 モーニングワイドコミックス
こちらは哲学的な論理を、荒唐無稽な世界のアーキテクチャーに置き換えて見せる短編集。どちらかというばこちらはギャグで読みやすいです。まあ「ソフィーの世界」みたいな感じです(嘘)
なんか、秋に読むには良い漫画だと思いました。

9月 30, 2009

ウルヴァリン:X-MEN ZERO見た

333627view001.jpgかなりの高評価を得ていた様子だったので、異常に期待をして劇場に足を運んでしまいました。
でも、見た感想としては、そんな絶賛するほどでも。。。という感じです。
前シリーズを見た際、
原作ファンとしてガッカリしてしまった1作目。
原作ファンとしても、映画ファンとしてもものすごく興奮した傑作2作目。
2作目を見て映画シリーズそのものにハマり、そして原作ファンとしても納得できた3作目。
そのシリーズの最中語られる事の無く、原作シリーズでもエピソードとしてたびたび登場するウェポンX、そしてウルヴァリンとセイバートゥースの確執を描く本作は、原作ファンにも、前シリーズファンにも自ずと期待が高まる企画で、各方面での高評価を耳にするたびに、期待がさらに深まったのですが、実際は、言うほど面白いという感じではありませんでした。
よくまとまっていたとは思います。
でも、何だか色んな処理をいれすぎて、一本の作品としては興奮度が低い物になった気がします。話の進み方がちょっと単調な感じです。RPGの進行のように一本調子というのか。
そもそも、どんな攻撃してもすぐ回復しちゃうウルヴァリンとセイバートゥースが主役じゃ、根本的にハラハラ感が無いのも難点なのですが。
このyahooレビューでどなたかが書かれていたのですが、「この感覚は原作物映画シリーズの1本目みたいな説明収集映画っぽい」と書かれてました。
全くその通りだと思います。
この映画、続きが出てこそ意味が生まれる映画だと思いました。
(その場合はやはり日本に行ってマリコ登場なのでしょうが:笑)
もし、続きが出ないなら、前シリーズのオマケ映画になるだけのような気がします。
本作である程度の説明すませたのだから、是非シリーズ化してより楽しめる作品につなげてほしいと思いました。
ちなみに、セイバートゥース、1作目のキャラクターが無かった事になってますが、とても良かったです。
アクションとか、各キャラクター自体は非常に魅力的でした。
ただ、各キャラクターの「思い」のような者が弱かった気はします。その点はアクションや展開に急ぎすぎた感があります。
もっとセイバートゥースとウルヴァリンの複雑な感情を表現して欲しかったところです。
残念なのはストライカーでしょうか。2作目のストライカーの方が良かったと思います。セイバートゥースは仕方ないとして、どうせならストライカーのキャスティングは残して欲しかったです。

1月 17, 2009

ヘルボーイ・ゴールデンアーミー / 原作ファン的にはガッカリ

331246view004.jpgYahooのレビューではかなり好評を得ているようで、これはデル・トロさんの世界観や様式美的な映像感やキャラクター性がうけての事なのでしょう。そういう点だけを評価の対象とするのなら、良作かもしれません。
ただ、映画ファン的には駄作。原作ファン的には引き続きガッカリな作品でした。
キャラクターのもつ個性という点では確かによいのでしょうけど、基本的にキャラクターの行動、それに対する描写があまりにも浅く、展開も安易でした。対してひねりも無い構成・脚本・演出は、映画として成立していないのではないかと思います。単純に「映画」としての満足度を得たいのなら決してお勧めできません。
原作ファン的には、あのゴシックな世界観を背景に、キュートですらあるモンスターや異形の主役達のおりなす圧倒的なビジュアルが表現できていたとは思えません。
評価を得ているものの、ロン・パールマンはあまりヘルボーイの魅力を出せていたとは思えません。
あまりひねりの無い展開や無理のある構成でも、ミニョーラは説得力を与える事ができるのですが、これではお粗末だなと感じてしまいます。
かなり酷評を書いてしまいましたが、これは僕自身が、ひとえに原作への思い入れが強すぎる故でしょう。
また、前回でガッカリしてしまい、本作の高評価を見て、思いこみとが加速し過度な期待しすぎたのかもしれません。
だから、この酷評が全てとも正しいとも言えません。
ただ、1映画ファンとして構成があまりにも安易だったとは思います。
デル・トロの世界を楽しみたい人向けのカルトムービーだったと思います。
あ、写真のキャラクターのビジュアルは最高でした。
評価:★★☆☆☆
上映中の映画館 >>> http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyst/id331246/
ヘルボーイは是非原作コミックで!!

1月 13, 2009

K-20 / かつての宮崎アニメのような冒険活劇

330914view001.jpg「ルパン三世 カリオストロの城」や「天空の城 ラピュタ」を見た時のワクワク感がこの映画にありました。
日本にはそうい素晴らしい冒険活劇作品があったのに、それを見てそだった筈の現映画人たちは、なぜ実写映画ではそういう物を作ってくれないのか不思議に思うことがありました。しかしようやく、日本映画でこういう作品が登場してくれました。とても嬉しく思います。
おもしろい冒険物・アクション物を作られる事がない日本映画。
アニメでは昔あったのに、今は無い。
そのお株は完全にハリウッドや韓国・中国のものかと思う現状。
そんな中、かつて日本でもあった筈の冒険活劇の遺伝を受けついだ作品で、随所にかつての冒険活劇作品の影響を見受けられます。バットマン等のハリウッド作品の影響も受けている感じはありますが、これまでの色んな作品を良い具合に影響を受けた作品で、ありがちな「ただマネただけ」とは違っていたと思います。
一見、ここ最近、日本映画ではありがちな「企画物」ではありますが、「作品作りを無視した企画物」ではなく、「純粋に映画として作られた企画物」で、その純粋さは随所に感じます。
企画物にありがちな、宣伝目的・ウケねらいのキャスティングもありませんでした。
話の構成・展開は実に見事。映画としての完成度が非常に高く、誰が見てもおもしろい。
アクションも非常におもしろく格好いい。
松たか子さんの演技も素晴らしく「じゃじゃ馬な良家のお嬢さん」っぷりが見事でした。
時折大声をだし、興奮する時の演技も常に「良家のお嬢さん」として興奮している様子は、「育ちが良いじゃじゃ馬」ではなく、あくまでも「品のあるじゃじゃ馬」。この演技は秀逸です。
唯一難癖をつけるとしたら金城武さんの演技くらいでしょうか。
感情の起伏が一辺倒な感じがしました。あまり彼の演技を見た事ないので、わざとかも知れませんが、もう少し感情を表現してもらっても良かったと思います。でも、許せる範囲です。
子供の頃見たようなワクワクする冒険活劇が無くなってしまったと思っていたこの頃。
多くの人に、大画面で見て欲しいと思える作品でした。
評価:★★★★★
上映中の映画館 >>> http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyst/id330914/
K-20 公式サイト

1月 10, 2009

ワールド・オブ・ライズ/ある意味、士郎正宗的

331775view001.jpg昔読んだ、攻殻機動隊でおなじみの士郎正宗さんによる「アップルシード」というコミックの感覚に近かったです。
物語の背景には、多くの政治的背景が存在し、その中で登場人物達はは無説明に自分たちの役割を果たしていきます。その展開は非常に早く、内容を理解するのに精一杯でした。基本的な政治情勢に詳しい人ならもう少し楽にみれたかもしれませんね。僕は難しかったですが。
核となる二人の主人公も特に彼らについての説明もなく、いきなり物語が進行してしまいます。だから、みる場合はある程度予備知識が必要な作品である事は間違いないでしょう。予備知識がないとおいてきぼりを食らいます。
この事から考えると、映画としての構成はあまり良くなかったと思います。
また、「嘘」がテーマとなっているわりには、あまり脚本に巧みさを感じませんでした。タイトル負けしていたように思われます。
役者は良い仕事していました。
リドリー・スコットもやっぱりリドリー・スコットはさすがだなって思える箇所は沢山ありました。
ただ、結果的には職人映画になっていただけな気がしました。
評価:★★★☆☆
上映中の映画館 >>> http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyst/id331775/

1月 9, 2009

ブラインドネス / 人の愚かさを描いた作品

330417view001.jpgパニック映画やアウトブレイク物だと誤解、というか期待して見てしまう人がいるかと思いますが、本作はそういう映画ではないので注意してください。
前作「ナイロビの蜂」にも通じる、人の愚かさが描かれた映画です。
見る人によっては、また別の見方となるかもしれません。
色んな見方が可能な映画だったと思います。
人は見えているつもりで何も見えて無く、
見えなくなるとその愚かさを露呈し、
見えてしまうと逆に多くのことに縛られる上、
見えるからと言って万能でも無い。
そんな事を描かれてしまうと、自分がこの映画を見て「知った気になる」のが怖く思えます。
前作「ナイロビの蜂」では「知る努力をしなかった愚かさ」が描かれていたと思います。その前作で観客は傍観者でしかありませんでした。しかし、本作ではただの傍観者ではなく、登場人物と同次元で見る事になると思います。それ故、見ている最中はものすごいストレスを感じる映画でもあれば、相当疲れる映画でもあります。
被害者体験が擬似的に体感できました。
登場人物は全て名前がありませんでした。
それはキャラクターをあえて設定しない事で、より「起きている事実」を観客に体感させようという意図があったのかもしれません。普通映画は人物を描く事が基本ですが、人物よりも事件だけを描く事で、特定の人物に感情移入するのではなく、この事件を観客に体験させたかったのでしょうか。
何にせよ、非常に効果的だったと思います。
また、見える者、見えない者の対比というか二元論的手法は、最近で言えばバベルにも通じる所がありました。バベルが「関係」であれば、こちらは「知」だと思います。
映画として本当におもしろいのか?
決して万人受けではないと思います。
ただ、とんでも無い映画だったと思います。
個人的には素晴らしい作品でした。
評価:★★★★★
上映中の映画館 >>> http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyst/id330417/

1月 6, 2009

WALL・E / 動物映画のような感動

329124view001.jpgディズニーの動物映画ってこんな感じだったような気がします。
ウォーリーを見ていて我が家の愛犬を思い出しました。
CMを見ている限りは、もっと単純な話で時間が持たないのでは?
と思っていたのですが、意外とよくできた構成で、しっかりと楽しめました。
ウォーリーの描写は、ほんとうに動物映画を見ているかのような愛嬌があり、主人をずっと待っているハチ公に通じるものを感じました。ところどころ、「あーディズニーらしいな〜」とか「あ〜アメリカらしいな〜」と思うところも多々ありますが、これは悪口というより、むしろ「良い意味でアメリカ映画」と言ったところでしょう。
正月に見る映画としては最高の無いようでした。
映像については、「どこまで行ってしまうのか」と思うほど驚く映像でした。ルーカスがこれを見たらスターウォーズの続編を作りたくなるのではないでしょうか。
良い娯楽・お正月映画でした。
評価:★★★★☆
上映中の映画館 >>> http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyst/id329124/

12月 20, 2008

容疑者Xの献身 / 堤真一さんが素晴らしかった

20081002000ec00000viewrsz150x.jpg何よりも特筆すべきは堤真一さんの演技だったと思います。
脚本(というより原作の巧みさなのでしょうか)の持っている知的なスペクタクル感も非常に良いのですが、きっとそれはTVシリーズの延長でしかないしょう。僕はTVシリーズをちゃんと見ていないので、単純に楽しめましたが。
ただ、この映画が映画として成立しているのは、タイトルにもなっている、堤真一さん演じる石神の存在、そしてその献身でしょう。
あまりにも切ない石神という存在を、堤真一さんが見事な役作りで実現していたように感じました。
逆を言うと、それが無ければただのTVの延長でしょうが。。。
でもとても楽しめる映画でした。
評価:★★★★☆
上映中の映画館>>> http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyst/id330418/

9月 1, 2008

20世紀少年 / 映画ではなく新春特番

20080828000ec00000viewrsz150x.jpg映画愛を感じない、あくまでもテレビ的な映画で、これを映画と言うなら日本映画の先行きが不安になります。
と、いきなり悪評を書いてしまっているようですが、大スクリーンコンテンツに「映画的」とか「TV的」という観点を覗いてみるのであれば良くできてると思います。
普通に面白く見る事ができました。
あの長い原作は上手に消化され、連載初期の「トモダチは誰なのか?」というドキドキ感を巧みに再現し、原作ファンを納得させるだけのギミックを十分に盛り込み、見応えはあると思います。
しかし、TV的な独特の「悪ふざけ」というケレン味が鼻についてしまいました。堤さんより、金子修助さんが監督された方が、より映画として面白い作品になっただろうなと感じました。
また、原作ファンの期待に応えるキャスティングは、ヴィジュアル面やキャラクター面では絶妙なのですが、それを優先しすぎてどうにも演技がお粗末になっていました。冒頭数分の演技は本当に酷く、スクリーンで見るに耐えられない状況です。最初は耐えられないのですが、香川照之さんが出てくるあたりから、やっと安心でき、その頃には慣れてくるので、そういう点では何とか大丈夫ではあったかと。
また、唐沢さんはちょっと大味な演技になっていて、悪ふざけ感を助長していただけに感じました。
この「悪ふざけ感」はある意味原作に通じるものなので、確かに解釈としてはあってるのかもしれませんが、浦沢直樹さんがやると自然ですが、堤さんがやる分にはちょっと嫌みでした。
それを逆に楽しむ映画として見るのであれば、良い映画だと思います。
確かに、演出上は巧みなところも多いですので。
評価:★★★☆☆
上映中の映画館 >>> http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyst/id327991/