5月 31, 2013

上京後18年

IMG_0469特に仕事もなく、家もあるわけでもなく、一人上京して18年くらいたっちゃいました。あの頃は初めての一人暮らし、初めて生まれた所を遠く離れての暮らしに、風呂無しの四畳半ぼろアパートだったけど、毎日が新鮮で楽しい日々だった。なんてかくと今は楽しくないみたいだけど、そんな事はない。でも、東京自体が新鮮でないのは確か。

先週の観劇、そんな自分にとって東京の象徴でもあった下北沢にいってきたのだけど、下北に訪れるのは、下北沢駅の地下化以降初めて。

あの上下に入り組んで、迷路みたいでゴミゴミしてて、あちこちに踏切があって、その周りに雑多に店が並ぶ景色が、地元にはないものだったからとても新鮮で大好きだった。だから、なんとなくその一つの風景がなくなるのが寂しいし残念。でも、社会も街も生き物だから、つねに変わり続けるのは当たり前の事だし、きっとこういう事なんだと思う。

昔、自分よりずっと年上の人達が
「昔ここはこんなだったんだよ」
「昔、あそこにはなにも無かったんだよ」
なんてよく耳にしていた。
きっと数年後、自分は若い子に「昔、下北沢の駅は地下じゃなくて雑多だったんだよ」なんて言うんだろうなと思うと、自分が年をとったって事を痛感するけど、あの時新鮮で全てが異世界だった東京って街と、いつのまにか一緒に年を重ねてきたんだなあと思う。
自分の生きてきた道筋がいつのまにか記憶の中の物になっていって、その記憶の中のものがどんどん増えていく。

昔話ばかりすると、未来のない老人みたいになっちゃうから、いつだって先の事みていたいけど、ときには昔の話をできるといいなと思う。

Did you like this? Share it: